BLOG

【エチオピア】イディド ジェンベルの販売を開始しました

■ FLAVOR COMMENT

ナチュラル精製ですが、重たすぎず、ベリーの芳醇で程よい果実味があり、ジューシーなブドウを思わせる明るい酸、上品かつ繊細な華やかさを感じます。

口に含んだ瞬間に感じる、丸みのあるラウンドが質感はとても心地よく、
熱い時はキャンディのような甘さを感じます。

温度が冷めるにつれて、クラシカルなエチオピアのミルクチョコのようなコクのある甘い後味が続きます。ミルクとの相性にも非常に優れた豆です。ぜひご賞味くださいませ。

■ INFORMATION

ゲデオゾーン、イルガチェフェ地区に位置するイディドは素晴らしい風味特性を持つスペシャルティーコーヒーを生産し高く評価されるエリアで、高いところでは標高2000m を越え、昼夜の寒暖差にも恵まれています。

今回のロットを手掛けたのは、この地区に住む、Jenberu Alemayehu 氏の単一農園です。Jenberu washing station と呼ばれるところで乾燥工程が行われ、日中は絶えずチェリーを攪拌し、アフリカンベッドで、12〜15日間均一に乾燥させます。

生産国 / エチオピア
生産地域 / ゲデオゾーン イルガチェフェ イディド
生産者 / Jenberu Alemayehu
品種 / 74112
栽培標高 / 2,000m〜2,100m
精製方法 / ナチュラル
Crop Year / 2020/21
焙煎度 / ライトロースト(浅煎り)