BEANS

【エチオピア】マシナ シーエムダブリュー ダイヤモンド

当店の3周年を祝うべく、皆様に特別なコーヒーをご用意いたしました!

店舗では初となる『カーボニックマーセレーションプロセス』が施されたエチオピアよりウォッシュドコーヒーのご紹介です!

ジャスミンのような上品な華やかさやシトラス系の爽やかなアロマを感じ、暖かい時から冷めてくるまで一貫してクリーンで透明感のあるカップです。

華やかなベルガモット、瑞々しいマスカット、ストーンフルーツのような濃厚な果実感などフレーバーも非常に複雑味を持ち、シロップのようなピュアな甘さなど、さまざまな印象を持ったコーヒーとなっております。

’ダイヤモンドラベル’と称されたこちらのロットは、まさにその名に相応しい透明感のあるキラキラとした印象やエレガントさを強く感じます。ぜひともお試しいただきたい一杯です!

■フレーバーコメント
ジャスミン、コンプレックス、クリーン、エレガント

■ INFORMATION

2015年にシアトルで開催されたワールドバリスタチャンピオンシップで、ProjectOriginの創設者であるSašaŠestićによってカーボニックマーセレーションプロセス(CM Process)は最初にスペシャルティコーヒー業界に導入されました。

CMセレクションは、Project Originがその年に製造した最高級のカーボニックマセレーションコーヒーをセレクションしたものです。カーボニックマセレーションコーヒーは、世界中のさまざまな農園で生産されています。Project Originは、さまざまな国でさまざまなCM技術を研究および開発してきました。

プロジェクトオリジンはエチオピアの心臓部に当たるアドラにあるマシナ地区はウォッシングステーションを有し、そのステーションは、2017年にローカルの輸出パートナーである「プリムローズ」との共同プロジェクトで設立されました。

グジのマシナウォッシングステーションはエチオピアで初めてカーボニックマーセレーションプロセスが生産された場所でもあり、エチオピアのCMセレクションを広めていく上で多くを学びを得た場所であります。プロジェクトオリジンは「プリムローズ」と協力し、地域を結ぶ橋を作ったり、そこに住む人たちインフラに少しでも貢献できるように資金提供も行なっています。

CMセレクションは、5つの色の宝石によってカテゴライズされています。これらの宝石のそれぞれは、コーヒーで経験する最も顕著なフレーバーとプロファイルを反映する色のスペクトルを表しています。
’インディゴ’、’ジャスパー’、’アンバー’、’ダイヤモンド’、’オパール’に分類されます。

■Masina Carbonic Maceration Washed Diamond ロット422の精製工程■

・コーヒーチェリーはハンドソーティングされ、完熟の糖度20〜22度のもののみを使用します。
・チェリーは密閉タンクの中に入れられて、タンク内の酸素を排出しながら二酸化炭素が重鎮されます。
・タンク内のイースト菌の活動や、温度と湿度をコントロールします。
・アナエロビックの環境下での発酵がこのダイヤモンドラベルの昨年に似たようなフレーバープロファイルを創り出します。
・生豆は乾燥ベッドにならされる前に洗浄されます。
・ドライングの期間は通常15〜20日間行われます。
・パートナーシップを組んでいる「プリムローズ」が更なるクオリティチェックを行います。(最低でも3回はカーラーソーターに通し、人の手による生豆の選別も3周行います。)

生産国/ Ethiopia
生産地域/ Guji, Adola, Masina
精製所/ Masina Washing Station
標高/ 1,950-2,300m
品種/ Heirloom
精製方法/ Carbonic Maceration Washed
クロップ/ 2021/22
エキスポーター/ Primrose
インポーター/ Project Origin
焙煎度合い / ライトロースト(浅煎り)